20/20ページ

20/20ページ

衝撃! カレー味のかき氷~インド人もびっくり/越谷レイクタウン「ご当地かき氷祭」食レポ

「ご当地かき氷祭」の会場の案内板を2人組の女子高生が眺めていた。 「あり得ない」 一人が発言し、 「無理」 もう一人がきっぱり却下した。 二人が指さしていた先には、 「スパイスカレー氷(辛口)」と書かれた一品の写真が。 スイーツなのに、いくらなんでも、カレーはないだろう。 しかも、カレー味のかき氷なんて、聞いたことない。 二人がドン引きしたのは無理もない。 あまりにもキワモノ、ゲテモノすぎる。 私 […]

越谷レイクタウン「ご当地かき氷祭」食レポ/ 千葉ろまん亭「いちごグラス」はケーキそっくりの、ちょっとリッチなかき氷

今回の「ご当地かき氷祭」のパンフレットの中でも、最も目を引くのが、千葉はろまん亭のかき氷。 「まるでケーキのような進化系かき氷」という謳い文句は、下の写真を見る限り頷ける。 お店の方が、晴れていれば、行列必須と言っていましたが、今日はあいにくの雨。 並ばずにすぐに買えました。 「チョコレートグラス」や「オーチャードグラス」なども美味しそうだったけれど、私はこのお店の一押しメニューの「いちごグラス」 […]

越谷レイクタウン「ご当地かき氷祭」食レポ/フィリピン代表かき氷「ハロハロ」は見た目はカラフル、お味はビューティフル!

越谷レイクタウン駅から10分近く歩いて「ご当地かき氷祭」会場に到着した。外にあるので、雨がざあざあ降っていて、お客もまばら。係員の客寄せの掛け声だけがこだましている。 最初に食したのは、世界ミュージアムショップご当地かき氷研究所のフィリピン代表「ハロハロ」。 写真を見るからに、原色が前面に出ていて、ド派手な外観に魅かれて注文した。 値段は800円也。 「ハロハロ」とは、タガログ語で混ぜるという意味 […]

越谷レイクタウン駅イオンタウン内「ご当地かき氷祭」基本情報とお子様連れで行かれる場合の注意点

台風13号が今夜(8月8日)の夜から明日(8月8日)の朝にかけて関東地方に接近する、との気象情報。 越谷レイクタウン駅のイオンタウン内、「ご当地かき氷祭」のホームページを確認する。 天候や電車の運行停止により、中断あるいは中止もあるとの告知。 越谷レイクタウン駅のある武蔵野線は風雨に弱く、すぐに電車が止まる。止まったら、帰れない。どうしよう。一瞬迷う。えい、ままよ、とばかりに南浦和駅から東京行きの […]

【実食】ブルーチーズアイス

アイスが出来るまで、近所の日帰り温泉のサウナで2時間ほど汗を流してから帰宅すると、「かため」ボタンの光は青に変わり、アイスの出来上がりを告げていました。 アイスクリーマーの蓋を取ると、白いアイスが固まっています。 付属のスプーンで中身を取ろうとしましたが、固くて取れない。 仕方ないから、家にあった金属のスプーンでこそぎ落すようにしてすくいます。 注意書きには、金属スプーンは使わないでください。アイ […]

【レシピ】ブルーチーズアイス

さあ、いよいよブルーチーズアイスを作ります。 レシピはアイスクリーマー(アイスデリ)に付いていたレシピブックを参考にしました。 【材料】アイスデリ2回分 卵黄………………………………………………3個 砂糖………………………………………………大さじ3 (本来は大さじ4のところを控えめにしました) 牛乳………………………………………………100ml 生クリーム………………………………………200 ml […]

「アイスクリーマーを買って、これから本格ブルーチーズアイスを作るぞと意気込む」の巻

ビックカメラでアイスクリーマーを買いました。 Haier(ハイアール)の「フリージング・クッカー(ペルチェ方式)」アイスデリという機械。 ペルチェ方式とは、冷却方法だそうです。冷却効率が悪く、排熱するためのファンが必要のため、電気代がかかるんだそうです。 「ダイナビswitch」参考にしました。 ワインセラーは冷却方法により電気代が違う?! 値段は税込みで7765円。 奮発して高いのを買いました。 […]

【ブルーチーズのクッキー】エッジの利いたスイーツを買ってみた。

子どもの頃から甘いものが好きだ。 パン屋通いの趣味もあって、女子力が高いと自慢している。 アイスクリームやソフトクリームにも目がない。 チーズのジェラードをたまに見かけるが、ブルーチーズを使ったアイスは見ることがない。 エッジの利いた、スイーツがないものか。 ないなら、自分で作ってしまおう。 そう思い立って、アイスクリーマーをビックカメラで購入した。 材料のブルーチーズも本格的なものがいい。 近所 […]

1 20