CATEGORY 鉄道と駅

鉄道郵便局と郵便車②~郵便車内【北陸シリーズvol.9】

前回は、鉄道郵便について書きました。 今回はその続きで、郵便を運ぶ郵便車の話です。 郵便車内でどんなことが行なわれていたのか。そして、鉄道郵便が郵送されるまでの流れについて説明したいと思います。 なお、説明文はのと鉄道、能登中島駅構内に展示されている郵便車内の解説を転載させていただきました。 能登中島駅の駅長さんがお話ししてくださいましたが、当時仕分けを担当された古老の方から聞き取りをすると、一番 […]

鉄道郵便局と郵便車①~鉄道郵便の歴史【北陸シリーズvol.8】

今日は、のと鉄道の能登中島駅構内で展示されている郵便車と鉄道郵便局についてお話します。 江戸時代の飛脚に代わり、郵便制度ができたのは1871(明治4)年です。1円切手のモデル、前島密が整備したのは有名ですね。 遠隔地間の郵便の輸送は、はじめは鉄道が使われました。 1872(明治5)年に新橋・横浜間で開通した鉄道でも鉄道郵便が行われました。 最初はただ郵便物を乗せて送るだけだったものが、1892(明 […]