CATEGORY 北海道帯広市

帯広市の有名菓子店で撮影禁止/北のスイーツの聖地、帯広巡礼の旅、第3回~帯広スイーツ戦争勃発!⑤

このアイス屋を経営している洋菓子店のあさひやさんは目と鼻の先にあります。 興味を持ったので、入店してみました。 店に入るや、ケーキが色鮮やかに展示されているショーケースに目が釘付けになりました。 ケーキの彩りもさることながら、値段が安いのに驚きます。 ショートケーキ類のどの商品も300円代の安さ。 この価格設定は何もあさひやさんに限られることではなく、柳月などの他のお店も同じように安い。 それは、 […]

/北のスイーツの聖地、帯広巡礼の旅、第3回~帯広スイーツ戦争勃発!④

しげジェラートでは、もう一品食べてみました。 やはり、店名にもなっているジェラートを食べないわけにはゆくまい。 店員の若い男性に何がお勧めかを聞いたところ、ティラミスと答えてくれたので、それと、あと一つ、スタッフお勧めと表示のあったバナナのダブルをカップで注文しました。460円也。 商品を手渡されて試食開始です。 まずバナナの方から。 沖縄石垣島のミルミル本舗で食べたバナナとはまったく違います。 […]

「カタラーナ」は砂糖のかたまり~北海道帯広市「しげジェラート」/北のスイーツの聖地、帯広巡礼の旅、第3回~帯広スイーツ戦争勃発!③

冷たいデザートのターゲットとなる、アイスやソフトクリームの食べ歩きレポin帯広の記念すべき最初の店は「しげジェラート」です。 ここは洋菓子店のあさひやが経営するアイスクリームのお店です。 帯広駅から少し外れた場所で、観光ガイドブックにはあまり載っていないお店。 私は食べログの帯広アイスクリームランキングで発見しました。 第6位のお店。 まだオープンしてすぐのような外観は、新しくてスタイリッシュです […]

なぜ帯広は「スイーツの北の聖地」か/北のスイーツの聖地、帯広巡礼の旅、第3回~帯広スイーツ戦争勃発! ②

帯広周辺になぜこれほどまでに、スイーツのお店が集中するのか? テレビ番組や書籍では、その結論部分を一番最後にもってきます。 けれど、この旅行記では、いきなり結論を書くことから始めます。 その理由は十勝平野のもたらす大地の恵みにあります。 十勝では、良質な小麦と豆類が取れること。 小麦粉はケーキやバウムクーヘン、パイなどのスイーツの下地に欠かせないものです。 他にもパン生地にも小麦は使われていますよ […]

「北のスイーツの聖地、帯広巡礼の旅、第3回~帯広スイーツ戦争勃発!①」連載開始

シリーズで掲載している「北のスイーツの聖地帯広巡礼の旅」。 なぜ、帯広か? 北海道に詳しい方はご存じのことと思います。 ここ帯広には、スイーツの二大勢力である柳月と六花亭の老舗菓子店が競っています。 柳月は三方六(白樺模様のバウムクーヘン)、六花亭はマルセイ・バターサンドやサクサクパイを主力商品として洋菓子、和菓子などの品揃えも豊富です。 この両店の他にも、巨大なスイートポテトが売りのクランベリー […]

十勝スイーツの秘密基地潜入記~その⑤牛乳のおみやげがついて、全部タダ

よつ葉乳業で作られる乳製品は消費者向けよりも生産者の企業向けがほとんどを占めているということです。 ヤクルトのジョワはよつ葉乳業の脱脂粉乳を原料としていると聞いて、少し驚きました。 今回は牛乳とバターを作る工程を2階のガラス超しに見学させてもらいましたが、ここは撮影禁止のために、自家撮り写真はありません。 工場では、乳製品の製造から箱詰めまで、ほとんどが自動化され、従業員はひとつの工場内に数人しか […]

十勝スイーツの秘密基地潜入記~その④基地の内部の案内人に同行

すっかり砂糖の勉強をして、脳ミソが砂糖付けになりました。 翌日、いよいよ秘密基地に潜入です。 秘密基地を訪問するには、事前に予約しなければなりません。 それじゃあ、潜入じゃないじゃん(笑)。 いいんです。気分は潜入なのですから。 ちなみに入場料は無料です。 密かに潜入するのですから、当然無料でしょうが(これは、潜入でなく、モグリですね)、堂々と正面玄関から入っても無料です。 その日の午前10時の回 […]

十勝スイーツの秘密基地潜入記~その③帯広で一番くつろげるパン屋「ますや麦音店」

甜菜(てんさい)がさとうきびと一番違うのは、捨てるところがまったくないということです。 根からは砂糖が抽出され、葉や茎は家畜の飼料や農作物の肥料になります。 余った溶液もパンをつくるイースト菌を培養する栄養分として使われます。 帯広を代表するパン屋さんのますや麦音店がビート資料館のすぐ隣に位置するのもこうした事情によります。 このますやさんですが、北海道で私が一番お気に入りのパン屋です。 特にこの […]

十勝スイーツの秘密基地潜入記~その②ビートたけしの芸名の由来がわかった!

ビートは甜菜(てんさい)のこと。 ちなみにビートたけしのコンビ名、ツービートは、音楽のツービートにこの甜菜=天才をかけています。 砂糖はさとうきびのほかに、この甜菜から作られます。 もう一度、ビート資料館で撮影した甜菜の標本写真を掲げます。 外見は蕪に似ていますが、ほうれん草の仲間です。 さとうきびは熱帯地方の植物で、日本では沖縄県と鹿児島県の南西諸島で栽培されています。 茎の樹液を絞るかたち(圧 […]

十勝スイーツの秘密基地潜入記~その①事前調査でビート資料館に向かう

帯広巡礼の目的のひとつは、お勉強にありました。 スイーツを表題に掲げるブログを開設している以上、ただ観光旅行に行って、 アイスやソフトクリームを食べて、美味しかった、では何か物足りない。 お腹の空腹は満たせても、魂の空腹は満たせない。 スイーツを通して、もっと何か大きなものが見えて来るのではないか。 こうした展望を持って全国を回っています。 今回は、スイーツ作りの舞台裏を覗き込むことで、その奥に秘 […]