CATEGORY おもしろ水族館

【衝撃】【残酷】ワニの捕食。コオロギの絶体絶命感が凄い。

ミステリーツアーは、不思議なもの、怖いもの、面白いものを求めて「とんでもあきあ」が日本全国を旅します。 今回は、東京は上野動物園にやってまいりました。 「爬虫類(ハチュウルイ)・両生類館」で今だけ、ワニの子どもを公開しています。 このワニの子どもは、おとなのワニと違って、きれいな模様がついています。 訪れたお客さんの誰もが、「カワ(・∀・)イイ!!」と声を漏らすのですが。。。 確かにクリっとしたつ […]

洗い物をしようとタワシをつかんだらハリネズミだった。

サンシャイン水族館・化ケモノ展の最後の水槽には、おなじみハリネズミがいました。 寝ています。 起きません。 水槽を叩いてはいけません。 で、どうしたか、というと。 「起きろ~! 朝だぞ!」 と耳元で言いました。 すると。 ごそごそと起き出しました。 鼻をピクピクさせています。 かわいい。 でも、またすぐに寝てしまいました。 水槽の中にはタワシが置かれています。 説明書きには、ハリネズミはタワシの擬 […]

リーフフィッシュの水槽はアートしてる~サンシャイン水族館・化ケモノ展に行ってきた。vol.⑤

リーフフィッシュはテレビで見たことがあるのだけれど、実際にこの目で見たことはなかった。 今回のサンシャイン水族館特別展で初めて見た。 リーフフィッシュの和名は「木の葉魚」といって、枯れ葉の置かれた水槽の中で展示されると、本当に葉っぱと見まがうほどだ。 水槽のガラスにピタッと張り付いた枯れ葉のように動かない。 面白いことに、どの魚も一様に左下に頭を向けている。 その整然としたさまは、アートしている。 […]

【ウミヘビ! と思ったらサメだった】サンシャイン水族館・化ケモノ展に行ってきた。vol.④

前回までは、「ペッカム型擬態(ぎたい)」の生物を紹介してきました。 今回は「ベイツ型擬態」の生物の展示について紹介します。 このタイプは「強いものに化けて回避する」という特徴を持ちます。 「蜂に似た蛾(が)」や「”毒を持った蝶”に似せた”毒を持たない蝶”」は私も博物館で見たことがあります。 でも、今回は魚の例で、しかも水族館ですから生きた魚です。 今日の主役はコイツです👇 サメの子 […]

【神ランクの擬態(ぎたい)】サンシャイン水族館・化ケモノ展に行ってきた。vol.③

前回、予告した通り、今回は生物の擬態(ぎたい)の中でもトップにあたるレベル1.の擬態を紹介します。 サンシャイン水族館の擬態ランクでは「神」に評価される生物、それは何か。 まずは、写真から紹介しましょう。 何も説明を受けずに、いきなりこの写真を見せられても、ただ2本の木の枝が映っているとしか見えませんよね。 擬態(ぎたい)の話をさんざん聞かされたあとだから、みなさんの中にはすでにお気づきの方も多く […]

【隠れている魚(アンコウ)を探し出せ!】サンシャイン水族館・化ケモノ展に行ってきた。vol.②

サンシャイン水族館の「化ケモノ展」は、擬態(ぎたい)をする様々な生き物を集めた特別展です。 特別展入り口に擬態についての解説が掲示されていました。 その解説を使わせてもらいながら、擬態について少し勉強しましょう。 まず、擬態を次のように定義しています。 「ある生物が何かに似せて、それを見つけるものをだます生存戦略の1つである」 擬態の種類には3つあります。 (1)ペッカム型擬態 騙(だま)して食べ […]

【隠れている化ケモノを探せ!】サンシャイン水族館・化ケモノ展に行ってきた。vol.①

【問題】下の写真の中に、ある生き物が隠れています。どこに、何が隠れているのでしょうか。 きれいな蘭の花が咲いています。よく目を凝らしてください。 います。うまく花に姿を似せています。 わからない、という人は角度を変えて撮った写真を下に掲げます。 どうですか? 今度ははっきり映っています。 蘭の花に自らを似せて、うまくカムフラージュしています。 これを擬態(ぎたい)といいます。 まだ、わからない? […]