【宮古島のミステリースポット】ヌドクビアブ

【宮古島のミステリースポット】ヌドクビアブ

(1)「ヌドクビアブ」の語感の不思議さ

沖縄県宮古島旅行に行くことになってから、ヌクドビアブには必ず行こうと決めていた。

宮古島の隠れたパワースポットとして、知る人ぞ知る聖地であった。

それにも増して「ヌドクビアブ」という奇妙な言葉に魅かれた。

日本語で、「ヌドク」という言葉はない。何語だ?

「ヌクレオチド」という言葉は生物の時間に聞いたことがある。

でも、ここはDNAとも遺伝子ともまったく関係がない。

「ヌドクビアブ」の意味は後で種明かしをする。

(2)「ヌドクビアブ」の場所と行き方

場所は宮古島から伊良部大橋を車で渡って左折する。

県道252号を2~3分移動して、「Day’s Beach Hotel 瑞兆」のところの道路を右折する。

私は「ヌドクビアブ」に行くために、わざわざ瑞兆に泊まりました。

宿からは歩いて20~30分ほどのところ。

サトウキビ畑の中にこんもりとした森があり、その前に「ヌドクビアブ」の案内板があります。

この看板の左手奥の茂みを進むと目的に着きます。

(3)降りるには急な階段&暗い内部のため、手袋が必要

詳しくはYouTube動画を参照にしてください。

下に降りる階段は急で、しかも前日の雨でぬかるんでいます。

手袋を持参して、靴はスニーカーなど歩きやすいもの。

転ぶかもしれないので、あまりお洒落をして行かないようにしてください。

(4)「ヌドクビアブ」の中は、落ちつける神聖な場所

中は空洞になっています。

さとうきび畑にぽっかりと空いた竪穴。

それが「ヌドクビアブ」の正体です。

「ヌドクビアブ」とは、宮古言葉で「喉首(のどくび)のたて穴」という意味でした。

天井から光が差し込んでいます。

そこから、木の根が垂れ下がり、穴の内部に届いています。

根を下から見上げるという、非日常的な経験をすることができます。

中は ひんやりとした空気で満たされていて、冷涼な空間は聖なるもので満たされていることを実感します。

いつまでもここにいたい。

そう思わせる場所でした。

沖縄県宮古島カテゴリの最新記事