【陸地なのに船でしか行けない謎の集落】西表島船浮へ行く(第1回)

(1)陸地なのに船でしか行けない集落が日本にある

いわゆる「陸の孤島」というやつです。

でも、なんで行けないの?

それは道路がないから。

まず、地図をみてください。

県道215線が北北東に延びていますが、途中で途切れています。

これは、ジャングルに阻まれて、道がそれ以上造られていないのです。

なぜか?

予算の関係からか、自然保護のためか。

おそらく、船浮の人たちは船を足に使っているので、道路がなくても生活の不便を感じないというのが、大方の予想です。

今回の旅はこの船浮を目指します。

目的は2つ。

ここに謎の洞窟があるという話を耳にしたからです。

この洞窟探検がまず1つ目。

もう一つは、猪カレーなるものを提供しているカフェで優雅にランチを、と考えての船浮行です。

(2)船浮への行き方

まず、バスで終点の白浜まで出ます。

西表島交通の緑のバスで向かいます。

ここ終着の白浜は日本最西端のバス停なんだそうです。

特別の感慨は湧きませんが、なんだかずいぶん最果てに来てしまったという、うらぶれた都落ちのような感興です。

こういうの、あんまり嫌いじゃない。

そして、ここからさらに船に乗って、なんだかよくわからない集落へ向かう。

わびしさよりも、未知の世界に対するワクワク感のほうが強いですね。

【陸地なのに船でしか行けない謎の集落】西表島船浮へ行く(第1回)終わり

【最凶洞窟の先には……】西表島船浮へ行く(第2回)に続く

ランキングクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

沖縄県西表島カテゴリの最新記事