【熊本ラーメン黒亭】マー油の苦さに生卵の甘さが絶妙にマッチする

(1)くまモンの人気、未だ衰えず

ご当地のゆるキャラは数あれど、私の一番のお気に入りはくまモンです。

なぜかと言うと、知り合いがくまモンのペンケースを持っていて、それが可愛かったからです。

人のものを欲しいとめったに思わない私ですが、さすがにこのペンケースだけは欲しいと思いました。

東京では売っていない。

なんでも、友人からもらったお土産だそうです。

お菓子よりも、こんなお土産をもらいたいなあ。

ということで熊本城にやってまいりました

入口では大きなくまモンがお出迎えです。

この前で観光客が記念写真を撮っていました。

(2)熊本城は地震の復興工事が進む

熊本城は加藤清正公がつくった天下の名城。

右が熊本城天守閣。左の宇土櫓(うどやぐら)は比較的軽微な損傷で済んだ。

2016年に発生した熊本地震で熊本城も被災しました。

「文化遺産の世界」のホームページよりお借りしました。
https://www.isan-no-sekai.jp/feature/201711_09

重要文化財に指定されているすべての建物が損傷し、中でも熊本城の北東に近接して位置する東十八間櫓、北十八間櫓は全壊する被害を受けました。

今(2019年11月)も、お城の修復工事が進んでいます。

天守閣は先月(2019年10月)から一般公開が再開されています。

私は天守閣には行かずに、腹ごしらえで市内に向かいます。

(3)熊本ラーメンの魅力はマー油にあり

熊本の名物はいろいろと思いつきますが、私は何といっても真っ先に思い浮かぶのがラーメンです。

九州は博多や久留米、鹿児島などご当地ラーメンが多い地域ですが、中でも熊本ラーメンは独特です。

とんこつをベースにしていますが、独特の苦みがあります。

東京で食べられる熊本ラーメンといえば、、桂花ラーメンが有名ですが、ちょっと苦い味がします。

写真は珪化ラーメンホームページよりお借りしました。
http://keika-raumen.co.jp/menu.html

その正体はマー油です。

マー油とは、ニンニクをラードと植物油脂で黒くなるまで炒めてすり潰したものです。

このマー油がラーメンに独特の風味とコクを添えます。

(4)熊本ラーメン黒亭(こくてい)は地元民から長く愛される味

「こむらさき」「天外天」「火の国 文龍」など、熊本には多くの人気ラーメン店があります。

中でも私が一番お気に入りなのは「黒亭(こくてい)」です。

今回は熊本城に近い「黒亭 下通り店」にお邪魔しました。

熊本城からは徒歩5分と、ほど近い。

住所 熊本県 熊本市中央区 下通 1-7-14 ノグチビル B1F
アクセス 花畑町駅から253m

昼前の午前11時30分に到着。

待つことなく席を確保できましたが、ほどなくして店の前には行列ができ始めました。

観光客というよりも地元の方がほとんどです。

ご当地で長く愛されていることをうかがうことができます。

チャーシューメンに生卵をつけて注文しました。

ここでは、ほとんどラーメンに生卵が当たり前です。

卵の甘さがマー油の苦みと調和してほどよい味のハーモニーを奏でるからです。

画面左下に浮かんでいる黒い液体がマー油です。

右上がキクラゲ。

ネギは青ネギです。

それではいただきます。

やはり苦みが先にきます。

関東圏の人は好き好きでしょう。

この苦さがたまらない。

ぶっちゃけ特別にうまい! というものではないのだけれど、定期的に食べたくなる。

中毒性のある味です。

関東で九州ラーメンと言えば、博多ラーメンの一風堂が有名ですが、この黒亭のラーメンを食べると、一風堂がおとなしく感じてしまう。

それほどインパクトのある味です。

やはり、生卵をつけて正解でした。

この苦さに勝つにはきみ(黄身)の助けが必要です。

1つでは足りない。

生卵2つぐらいがちょういいですね。

熊本ラーメンの魅力はほかにもあります。

キクラゲ、もやし、海苔など具材が多いことです。

チャーシューも柔らかくてクセがなくて食べやすい。

濃いスープにはライスが合います。

次回はラーメンライスにして食べようと思いました。

ごちそうさまでした。

東京にも黒亭が進出してくれればいいのになあ。

ランキングクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

熊本県カテゴリの最新記事