織田信長はサイコパス

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好調だ。

本能寺の変で主君の織田信長を亡き者にした明智光秀が主人公である。

従来の明智光秀のイメージは「裏切り者」「謀反人」として語られることが一般的であった。

しかし、今回の大河では、新しい明智光秀像を提示するという。

その話はまた別の機会に書くとして、今回は織田信長の実像だ。

よく雑誌やWEBで理想の上司のアンケートを取ると、必ず織田信長が上位にランクインする。

これを見て、私はいつも、とんでもないと思う。

織田信長といえば、常識破りの天才、史上まれにみる豪傑、戦いの名人などといったプラスのイメージで語られることが多い。

ところが、その実態はとんでもない。

長年忠勤を尽くした部下を簡単に追放する。

約束を守らない。助命すると言っておいて降伏した敵を簡単に磔(はりつけ)にする。

嫉妬深くて猜疑心が強く、人を信じない。

などなど。

これが上司だったら、すぐに会社を辞めたいと思わせる性格だ。

現代なら簡単に退社できるけれど、信長の時代はその下を離れるということは即、死を意味する。

さらに驚くのはその酷薄さだ。

これが冷酷無比や残酷を通り越して、ほんとど常軌を逸した異常人格者という形容がぴったりくる

姉川の戦いで、浅井・朝倉連合軍を下し、浅井長政・久正親子と朝倉義景を滅ぼしたということは高校日本史で習ったことと思う。

だが、その先は教科書には載っていない。

内容があまりにもグロテスクなので載せられない。

これから先は、グロが苦手な方は、読むのをご遠慮ください。

織田信長は蛇のように執念深い。

浅井・朝倉を滅ぼしただけでは飽き足らず、浅井長政・久正親子と朝倉義景の首を薄濃(はくだみ)[ 漆でかため金などで彩色したもの ]にして、正月の宴席の際に、これを台に載せて肴に出した。

まだ幼い浅井久正の首は串刺しにして供したという。

これは作り話ではなく、実話だ。

(高柳光寿『明智光秀』吉川弘文館人物叢書P206~207)

これをサイコパスと呼ばずして何と呼ぼう。

こんな上司に部下もよっぽど我慢強いか割り切るかしないとついて行けない。

木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)は、割り切り上手だったのだろう。

『明智光秀』の著者高柳光寿は明智光秀を織田信長と同じ合理的な人物だったと評しているが、むしろ真面目な人間で、上司の命令はどんな理不尽なことでも忠実にこなす、いわばアイヒマン[ ナチス政権下のドイツの親衛隊将校で、アウシュヴィッツ強制収容所へのユダヤ人大量移送に関わり、絞首刑に処された ]のような官僚タイプの人間だったのだろう。

職務に忠実で、信長の比叡山焼き討ちでも、叡山の僧俗を徹底して虐殺している。

対して、秀吉は手抜きをして、僧の幾人かを目こぼしして逃がしてやった。

ただ、ふつうの官僚は自己の保身に汲々とするところが、光秀は主君になり替わろうという野心を持っていた。

ふだん、政治家にパシリにされている官僚が、「おのれ!」と腹の底で鬱屈した憤怒の情念を溜めていて、最後は辞職して選挙に立候補して国会議員をめざす、というところだろうか。

今年のB級珍スポットは明智光秀関連の史跡を訪ねます。

動画も撮ってきて、ユーチューブにUPしますので、楽しみにしてください。

“>にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

歴史探訪カテゴリの最新記事