【焼きいもソフト】熊本県阿蘇郡南小国町「瀬の本レストハウス」

(1)瀬の本高原ホテルにて飲み放題プランで食事

昨夜は瀬の本高原ホテルに宿泊しました。

夕食はお酒の飲み放題(1時間)プランがついて、久しぶりにビールをたくさん飲んで満足でした。

食事のメニューは、焼き物「ブリの柚庵焼き」、台物「熊本阿蘇美豚と肥後牛肩ロース陶板焼き」、揚げ物「東寺揚げ 辛子酢」など、いろいろ出て、満腹になりました。

どの料理も水準級だったように記憶しています。

(2)瀬の本高原からは阿蘇山の眺望がいいね

この宿はイベントがいっぱいで、宿泊客を飽きさせない工夫が凝らされています。

まず、夜にロビーの壁画を使ったプロジェクションマッピングと映画が上映されます。

そのあと、外に出て星空観賞会。

双眼鏡を貸してくれて、宿の専門スタッフが星座の解説をしてくれます。

解説を担当されたスタッフは星のソムリエ ®の資格を取得された方で、季節の星座の話を面白おかしく解説してくださいます。

正直、この日は晴天で星はきれいにばっちり見えたのですが、何しろ寒い(たぶん気温は零下)。

でも、スタッフの方の話が面白かったのと、満天の星空がきれいだったのとで、なんとか30分我慢できました。

そして、早朝には別のスタッフの方(宿を退職された方で、嘱託か何かで仕事をされているかと思います)の案内で近所を散歩します。

この宿は瀬の本高原の見晴らしのよい立地にあり、阿蘇山の遠景が実に素晴らしいことが売りです。

この日も阿蘇の中岳が噴煙を上げていました。

ふだんは火口近くまで行くことができるのですが、噴火のため入山規制されているとのこと。

噴火が収まったら、もう一度阿蘇を訪れて、火口までハイキングに行ってみたいと思います。

(3)焼き芋ソフトは外さない味

今日は熊本城までバスで行く予定です。

途中、瀬の本レストハウスに立ち寄りました。

「ソフトクリーム」という文字が見えたら、即、反応してしまいます。

11月で、アイスという時期ではないですが、「B級珍スポットとアイスクリームの旅」のブログを書いている意地から、食べないわけにはまいりません。


迷わず「焼いもソフト」を選択。

350円也。

甘さが少し控えめで、まずまずのお味です。

外は寒くて、アイスクリームっていう陽気じゃないから、やはり「美味しい」と歓声をあげることもなかったです。

でも、買って損はなかった。

そんな感想です。

熊本県カテゴリの最新記事