【川越でアイスを食べる】菓匠右門・紫イモのアイス

今日から何回かは、川越シリーズを書いていきます。

川越は江戸時代の蔵が多く残る街として知られ、観光スポットになっています。

現在は、「大正浪漫夢通り」として街並みも整備され、地域をあげて観光地として力をいれています。

中でも時の鐘は川越のランドマークとして人々に愛され、訪れる人を江戸時代へと誘うタイムマシンともいえる建物であると言えるでしょう。

その時の鐘のそばに何軒かアイスクリームを売っているお店があります。

今回の企画はそのアイスを全店制覇しようというものです。

第1回は、菓匠右門さんの紫イモのアイスから攻めてみました。

川越はお芋が有名で、大学いもや芋羊羹など、サツマイモを使ったスイーツのお土産を多く見ることができます。

そんななかで、珍しい紫イモを使ったアイスを見つけました。

題して「お芋の恋ソフト」。

恋などという言葉はいまの自分には死語に近いものです。

デザインも女子学生向きで、なんだか食べるのが恥ずかしい風合いです。

でも勇気を出して注文してみました。

アイスの上にちょこんと乗っているハートが気になりますが、これはウエハスです。

全体的に小ぶりですが、ギュッとアイスが詰まっています。

さっそく実食です。

甘い。ちょっとくどい甘さです。

紫イモは好きですが、素材である芋の甘い風味が砂糖の甘さで損なわれている。

あまり感心しません。

観光地のアイスはこんな感じのが多い。

最後まで食べましたが、小さくてよかったです。

これぐらいの分量がちょうどいい。

ごちそうさまでした。

埼玉県カテゴリの最新記事