【豊洲市場】磯寿司~まぐろ尽くし丼は鉄板

豊洲市場でまぐろが美味しい寿司屋はどこですか。

そう聞かれたら、迷わず磯寿司を挙げたい。

場所は水産仲卸売場棟3階(6街区)の、行列店「大江戸」の隣。

6街区は「寿司大」と「大江戸」がトップ2だが、この「磯寿司」もこの
人気店の陰に隠れながら根強いファンがいる老舗の寿司屋だ。


 私が行った日はウィークデイの午前9時前でガラガラだったが、上の写真は土曜の昼過ぎ。

春休みに入ったばかりということもあって、ここも大行列をつくっていた。



どのメニューもいい値段しますが、私は「鮪尽くし丼」(3240円)を注文しました。

待つこと10分少々で、着丼です。


上から時計周りに、セントロ、大トロ、中トロ。
中央、上がタタキ、下が赤身。

見てください。

マグロのお花畑がどんぶり一面に広がっています。

どれから箸をつけていいか迷います。

まずは大トロから。

しんなりとして弾力のある食感がいいですね。

身も厚くて大ぶりで、食べ応えがあります。

中トロも赤身も美味しい。

気になったのは、画像右上の食材です。

っと筋っぽくて、コリコリしています。

初めて食べる味です。

板さんに、「なんですか」と伺ったところ、

「セントロです。」と答えてっくださいました。

「脂が乗っていて、おいしいところです。」

とのこと。

あとでネットの質問サイトで聞いたところ、


「背のところのトロ」という意味で「セントロ(背んトロ?)」と言ったのではないでしょうか。

との回答をいただきました。

初めは「線トロ」のことかと思いましたが、「背んトロ」ですか。なるほど納得です。

豊洲観光&食べ歩きカテゴリの最新記事