アイスの食べすぎで不整脈と診断された/その①

アイスの食べすぎで不整脈と診断された/その①

(1)不整脈の症状

最近ずっと心臓の具合が悪い。

去年の11月頃から。仕事が忙しくなって、急に体調がおかしくなった。

心臓がバクバクする。(たぶん心拍数が早くなっている。そして引きつる感じ)

心臓がゴトゴトする。(急に鼓動がつきあげるような感じ)

心臓がザラザラする(布切れで撫(な)でられるような、こすれる感じ)

この症状は座っているときに自覚する。

立ったり、動いているときのほうが楽に感じる。

だから、最近は電車の中ではなるべく立つようにしている。

また、寝るときにも、胸が苦しい。

枕の下に丸めた毛布などを置いて、上半身を高くして寝ると、胸が窮屈な感覚が収まる。

電車の座席で、左に体格のある男性が座ると、体が押されて、心臓に圧迫感を覚える。

電車の遅延アナウンスで、「急病人の介抱で遅れました。」という内容のものがたまに流れるが、他人ごとではない。そう思えるようになった。

(2)不整脈の思い当たる原因②食事

スイーツのブログを別に書いていて(「冷たいスイーツとミステリーツアー」)、1日にソフトクリームを6個激食い、なんて無茶なことをしている。糖分は摂りすぎかな。

ラーメンはそれほど食べないが、カレーが大好き。

特にスープカレーが好きで、週一ぐらいで行っていた。

カレーの香辛料は体にいい。勝手にそう解釈して、人より多く食べている。

でも、カレーは塩分が多い。特にスープカレーはインドカレーに比べて香辛料を多くつかわない分、塩分が強いと思う。

加えて、日本そばも好き。駅そばはよく食べる。

注文するのはいつも天ぷらそば。

ほかに、フライや空揚げなどの揚げ物が好物でよく食べる。

煙草は吸わない。酒は付き合い程度で晩酌はやらない。

でも、外食が多く、食生活はいいとは言えない。

(3)不整脈の思い当たる原因②ストレスと運動不足

症状が出始めたのは、去年の11月、仕事でちょっとしたミスをやらかした。仕事の忙しさもピークに達した。

仕事は好きで、うるさい上司はおらず、顧客からの評判も上々で、ストレスはない。そう思っていた。

でも、顧客と対面する時間が長く、見えないストレスが蓄積していたのかもしれない。

自覚するストレスはまだよい。

自覚しないストレスが体によくない。

私のは後者のようだ。

さらに、仕事で座っている時間が長い。

長い間、同じ姿勢でいると、エコノミークラス症候群になる危険がある。

仕事柄座る時間が長い業種は、心身に故障を発症するケースが多いという。

そこで、定期的に運動するのがよいが、あいにく私は運動嫌い。

ゴルフやジョギングなどはしない。

勤務地間の移動で、毎日歩くことぐらいだ。

歳が近い、私の職場の同僚も不整脈が出るという。

毎年ではなく、仕事がうまく行かない年に出るという。

もちろん加齢も原因に含まれる。

私の年齢は個人情報だから出さないが、ユーチューブ(♪トンデモあきあ♪)をご覧になった方は、想像がつくだろう。

私の父も私と同じくらいの歳で不整脈になった。

おそらく、不整脈で悩んでいる方は多いと思う。

このブログでそうした方々の力になれれば、と思う。

「不整脈で悩んでいる自分/その①私の症状と思い当たる原因」

終わり

次回、「不整脈で悩んでいる自分/その②病院で医師に言われた一言」

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村

健康と食事カテゴリの最新記事