【金運上昇】大金神社(おおがねじんじゃ)で大金ゲットのお願いしてきた

今回の♪トンデモあきあ♪のミステリーツアーは、東北は宮城県の3つの島旅がメインです。
3つの島とは、金華山、「猫の島」田代島、そして網地(あじ)島です。

網地(あじ)島は、知る人ぞ知る大金(おおがね)神社が鎮座しています。

この神社には 金華山の姉神様(お とちゃん)が祭られています。

だからでしょうか。 網地港埠頭には、人魚のデザインが。

島に渡る定期船の名前は「みゅう」。

これも人魚の絵です。漫画家の三浦みつるさんのデザインです。

私たちは島の北側の網地(あじ)港に到着しました。

けれど、海が荒れていて、帰りの最終便は南の長渡(ふたわたし)港からしか出ません。

網地から長までの約5キロを歩いていくことになりました。

途中には、廃校になった中学校があります。

「島の楽校」の看板が。

ここで、さまざま会合や催しがされるそうです。

村起こしの拠点といったところでしょうか。

さらに、お地蔵様がありますが、風化していて、顔かたちがはっきりしていません。

廃校あとの小学校には老人ホームと病院が建っていました。

約5キロを小一時間かけて歩いて、どうにか長渡(ふたわたし)港に着きました。

船乗り場には、おとちゃんの絵が。

上の顔が坊さんで胴体がタコの絵は何か。

みなで議論になりました。

結局、正体はわからず、蛸坊主(たこぼうず)で落着しました。

目的の大金(おおがね)神社は長渡(ふたわたし)港からちょっと登ったところにあります。

5分ほど歩いて、見つかりました。

小さなお社(やしろ)が、ひっそりと佇(たたず)んでいます。

見上げると、「大金神社」の扁額が。

この神社にお詣りすれば、招福開運などのご利益があるということで、地元の人はもとより、全国から善男善女が参拝に訪れるそうです。

私もそのひとり。

趣味で1口馬主をしています。

愛馬が大きいレースに勝って、大金が懐に入ってきますように。

ゲンキンなお願いをしてきました。

動画のほうもご視聴くださるよう、お願いいたします。

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村

ミステリーツアーカテゴリの最新記事