ホテルブレストンコートのザ・ラウンジで極上デザートをいただく。「季節のアシェット・デセール~ミルフイユ」~【軽井沢でスイーツを食べつくす】vol.⑫

ホテルブレストンコートのザ・ラウンジで極上デザートをいただく。「季節のアシェット・デセール~ミルフイユ」~【軽井沢でスイーツを食べつくす】vol.⑫

軽井沢スイーツの締めくくりは、あの高級ホテル、ホテルブレストンコートのザ・ラウンジが終着駅です。

ここのラウンジでは「デセール・ド・ノエル」と呼ばれるデザート・コースがあると聞きました。お値段がなんと3,500円もする!

でも、せっかく軽井沢まで来たんだから、最後にこれを食べなきゃ!

そう思って、ホテルに予約の電話を入れました。ところが。

開催期間はクリスマスの12/22~12/25まで。今はやっていない、とのこと。

それでもめげずに、フルコースのデザートじゃなくても、星野リゾートの軽井沢を代表するスイーツはなんかあんだろう。

ということで、やってまいりました。

トンボの湯のバス停からホテルまでの坂道が凄い急傾斜。中国人の団体さんがふうふういいながら急坂を登っていました。

でも、ホテルに行く途中にオシャレな教会があって中を見学できます。

ようやくホテルの玄関までたどり着きました。

「ザ・ラウンジ」で奥の席に通されてメニューを広げます。

「旬のフルーツでデザートを楽しむザ・ラウンジ 秋のデザート」と題して、「季節のアシェット・デセール~ミルフイユ~」に目が止まります。

ホームページの写真を見ると、美味しそう。

これを頼みました。1,200円也(税・サービス料別)。そしてアイスコーヒーも。

つくるのに、15分ぐらい時間がかかり、満を持して登場したスイーツがこれ👇。

ちょっと撮影技術が下手で、ライトもなくて、上の写真と違ってすいません。

タイトルは「落ち葉拾い」。

落ち葉はパイ生地でできていて、中にマロンクリームが入っています。本物の栗の実と、モミジもお菓子でできています。

ほかに抹茶クリームも添えられて、なかなか凝っていますね。

ミルフイユってパイ生地にクリームをはさみ、何層にもなっているものですが。

「これでも、一応、ミルフイユです」と給仕の方が先を越して解説をされました。

さて実食。

味は普通のパイでした。想像を超えた、コレ、というものはありません。

でも、盛り付けがいいですね。スイーツは見て楽しむ。

秋の彩(いろどり)が実感できて、アミューズメント感が満載です。

さすがホテルブレストンコート。さすが星野リゾート。

パティシエの遊び心と心意気が十分に伝わってくる逸品でした。

季節を変えて、この「アシェット・デセール」をまた食べてみたい。

それと、今日ありつくことができなかったデザート・コースの「デセール・ド・ノエル」。

いつか挑戦してみたい。

そう決意しました。

次回

軽井沢タルトはおみやげに喜ばれる。【軽井沢でスイーツを食べつくす/お土産編①】vol.⑬ に続く

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村


nbsp;

 

 

 

 

長野県カテゴリの最新記事