江戸時代、小林一茶もここを訪れたんだって【不観光旅行/ナンもないところへ行く】第1回・柏市あけぼの山農業公園vol.⑥

江戸時代、小林一茶もここを訪れたんだって【不観光旅行/ナンもないところへ行く】第1回・柏市あけぼの山農業公園vol.⑥

昨日のクイズを再掲します。

奥に通じる小径(こみち)に変なものが置いてありました。


握りこぶし大の石に紐がきつく巻かれています。
これは、何のために置かれているのでしょうか?
以下の①~④から選びなさい。

①誰かのいたずら
②サディストの趣味
③忍者が落としていった
④上記の中に正解はない

 

正解は――④。

え? なんでわかったの? 素晴らしい! あなたは天才!

って、ほかの選択肢を本気で選ぶ人いるの?

正解がないのか。そんじゃ、ほんとの答えを教えてくれ?

わかりました。

これです👇

みなさん、知っていましたか?

「関守石」って。

これ以上奥に入るんじゃない、っていう警告のために、このようなものが置かれているんだそうです。

入るな。入ると、この石みたいに「しばいちゃうぞ」とでも言うのでしょうか。

「立ち入り禁止」の看板を掲げておくと無粋(ぶすい)ですが、こういう洒落たはからいは、いかにも日本文化という感じがして、いいですね。

また農業公園に戻ります。丘を登ってゆきます。桜山と名付けられた小高い丘は、桜が植樹されていて、地元民の春のお花見スポットになるのでしょう。

小学生低学年くらいの子どもたちが遊んでいました。

水飲み場の水を噴水のように放出させて、「冷たい」とか何とか言いながら、水をかけあってます。

「こんにちは!」

私を見るとみなで一斉に挨拶をしてくれました。

「こんにちは。元気がいいね。」と私も返します。

子どもたちを通り過ぎてしばらく行くと、石碑を見つけました。

「(小林)一茶の俳句碑」だそうです。

説明板に由来が書かれています。

ざっくり紹介すると、だいたい以下のようなことが書かれてある。

布施弁天(東海寺)にお参りにいったときに、門前の家で米一合を買って、にわとりに餌やりをした。
そうすると、鳩や雀も木の枝から降りてきて、米をつついて食べ始めた。すると、にわとりがやってきて、鳩や雀はもとの枝に逃げる。鳥たちが餌を争いながらつつくさまは、(江戸時代の)士農工商の人間たちの営みと同じだ。

小林一茶って感覚が自分と似てる。

私も昔から争いや諍(いさか)いが苦手だった。

運動音痴も手伝って、人と競うスポーツはダメ。

受験勉強も、人との競争を急き立てられる感覚になじめなくて、むしろ自分との戦いと思って勉強していた。

ただ人に勝つために何かをする、ということに違和感を抱いていた。

スポーツでも勉強でも、もっと違う高みを目指して行うものだ、という私の考えは、なかなか人に理解してもらえなかった。

結局、学校は競争社会に慣れさせる洗脳を行なうところだ。

競争社会に勝者はいない。

競争に勝って金銭や名誉、地位を得たとしても、その代償として自由な時間や健康や、ほんとうに信じられる人間関係など、何かを失う。

そう思っても、この考えは口には出さなかった。

負け犬の遠吠えや言い訳としか、とられないから。

―――――――――――――――――――

もうずいぶんと日が傾いてきた。

日が暮れないうちに早く帰ろう。

vol.⑦に続く

 

 

参考までに、説明板に書かれていることを以下に掲げておきます。興味を持たれた方はご覧ください。

<<俳諧師小林一茶は文化9年(1812)2月12日流山の秋元双樹と連れ立って東海寺(布施の弁財天)に詣で、ここで次のような俳文と句を詠んでいる。

布施東海寺に詣けるに鶏どもの後をしたひぬることの不便(ふびん)さに門前の家に寄りて、米一合ばかり買ひて、菫蒲公のほとりにちらしけるを、やがて仲間喧嘩をいく所もはじめたり。其うち木末より鳩雀ぱらぱらととび来たりて心しづかにくらひつつ、鶏の来る時、こばやくもとの梢へ逃げさりぬ。
鳩雀は蹴合の長かれかしとや思ふらん。士農工商其外さまざまの稼いみなかくの通り。
米蒔も罪ぞよ鶏がけ合ぞよ

一茶五十才の時の文と句である。(一茶の句集「株番」に収められている一文である。また一茶の「七番日記」によるとその日(二月十二日)は雨に濡れて流山の双樹の家に帰っていることがわかる。元来この文と句は「米蒔塚・蹴合塚」などと呼ばれてきているがここに「一茶の俳文碑」として建立するものである。碑文の文体は一茶の直筆を拡大して刻入したものであって多くの人々が強力しあって建立したものである。
昭和六十二年五月十七日建之
小林一茶俳文碑建設委員会>>

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉県カテゴリの最新記事