定食屋だけれど大戸屋、スイーツもやるね! 紫いものパフェ~大戸屋

定食屋だけれど大戸屋、スイーツもやるね! 紫いものパフェ~大戸屋

最近、大戸屋で食事をすることが多い。

メニューが充実していて、タッチパネルでオーダーも便利になった。

白米に加えて五穀米もあり、とろろなど小鉢も楽しめる。

(麦みその豚汁やみそ汁は美味いとは思わないが)

スイーツの品揃えもあるのが前から気になっていた。

そこで、今日は牛タンの定食を食べたあと、思い切ってパフェを頼むことにした。

牛タンも青唐辛子のタレをつけて食べる工夫がGood。

牛タンは硬いが、許容範囲だ。

ちなみに仙台牛タンの某店は、柔らかくて美味しいが、化学薬品につけて柔らかくしている。だから、しょっちゅう食べようとは思わない。

さて、肝心の冷たいスイーツだが、紫いものパフェを注文した。これが、予想以上の優れモノ。

389円(税込み420円)。内容が充実していて、コスパがメチャメチャいい。

スペックは、紫いものアイス(左)に、紫いもの餡(あん)(手前中央)。それから、こし餡(右)、白玉が2つ(右奥)そして、紫いもの干し芋(奥)が2つ刺さっている。食べ進めると、中には蒸して角切りした紫いもの本体も!

紫いもの魅力が様々な角度から楽しめる構成となっている。これだけ贅沢できて、500円を切るのは安い。

味は、あまり甘すぎず、好感が持てる。

大戸屋は客層が年配の方が多いので、そうした方に配慮して、糖分を控えめにしているのかも。

高齢化がさらに進展して、最近は外食産業も単に味やコスパだけではなく、健康面にも気を使っている店が増えている。

ともあれ、これは皆さんも一度試してみる価値がありますよ。

●採点・寸評
「紫いものパフェ」/大戸屋
甘さ:普通
味:5点
見た目・ボリューム・インパクト:5点
C・P(420円) 5点 価格は2018年11月時点
砂糖を控えて素材の甘さを引き出している:4点
オリジナリティー:4点
総合評価:4.6点
評価は5点満点中

ワン・ポイント・コメント

大戸屋はフランチャイズの定食屋なので、スイーツはどうか? という先入観が打ち砕かれました。逆にフランチャイズだから、スケールメリットを生かして仕入れが安く、低価格を実現している。大戸屋、やるな。

↓ランキングをクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 スイーツブログ 冷菓子・アイスへ
にほんブログ村


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミレスカテゴリの最新記事