「アイスクリーマーを買って、これから本格ブルーチーズアイスを作るぞと意気込む」の巻

「アイスクリーマーを買って、これから本格ブルーチーズアイスを作るぞと意気込む」の巻

ビックカメラでアイスクリーマーを買いました。

Haier(ハイアール)の「フリージング・クッカー(ペルチェ方式)」アイスデリという機械。

ペルチェ方式とは、冷却方法だそうです。冷却効率が悪く、排熱するためのファンが必要のため、電気代がかかるんだそうです。

「ダイナビswitch」参考にしました。

ワインセラーは冷却方法により電気代が違う?!

値段は税込みで7765円。

奮発して高いのを買いました。

カップが2個ついているのもあったけど、カップ1個でまとめて作れるこちらを選びました。

すっきりしたデザインです。

「やわらか」と「かため」が選択できます。

一発目はブルーチーズのアイスを作ることに決めたので、立川市のチーズ王国まで出かけて本格ブルーチーズを購入しました。

フルムダンベールという名前のチーズだそうです。

初めはゴルゴンゾーラを買おうとしたのだけれど、高かったので、3種類入って2000円ちょっとのお買い得のセットを買いました。

フルム・ダンベールとは、

「フランス中南部の山岳地帯オーヴェルニュ地方のチーズで、酪農家たちから「高貴な青カビ」と呼ばれています。
フォレ山脈の東側と西側の2つの町で同じチーズが作られていて、西側斜面で作られたものがフルム・ダンベール、東側斜面で作られたものがフルム・ド・モンブリゾンと呼ばれています。(中略)青カビタイプ独特の刺激やコクがありますが、見た目の青カビの多さに比べるとマイルドな味わいです。食べやすい青カビタイプの代表格と言ってもいいでしょう。」

チーズクラブより

http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/fourme/

他に、アイスクリームの材料として、生クリーム、牛乳、卵、砂糖を用意しました。

それから、アイス作りにバニラエッセンスは欠かせません。豊かな風味と芳醇な味わいを添えます。

準備はできた。

次回、本格ブルーチーズのアイスクリーム作りに挑戦します。


アイスクリーマーカテゴリの最新記事