【追悼志村けん】バカ殿パン

先ごろお亡くなりになった志村けんさんを追悼するために東村山駅に行ってみました。 東村山駅の志村けんさんの献花台には、市民の方々の花がささげられています。 東村山の人々から志村けんがどれだけ愛されていたかがわかります。 なお、新型コロナウイルス感染防止のために、献花はしないように看板で注意がされていました。 市内のパン屋さんでは、志村けんさんに感謝を込めた面白いパンが焼かれていました。 ランキングク […]

【ムーミン谷の彗星】あらすじ

(1)『ムーミン谷の彗星』の基本情報 『ムーミン谷の彗星』 ( Kometjakten)は作者トーベ・ヤンソンが発表したムーミンシリーズの2作目で、1946年の公刊。 日本には1964年に下村隆一の訳で翻訳出版された。 また、1992年8月8日から公開された、テレビアニメ『楽しいムーミン一家』の劇場版として映画にもなった。 今回のあらすじを紹介するにあたって、講談社文庫版を参考にした。 (2)『ム […]

【スナフキンの名言①】ムーミンの親友

ムーミンシリーズに登場するスナフキンは自由を愛する流浪の旅人です。 小説の中で、スナフキンはしばしば含蓄のある言葉を発します。 今回は『ムーミン谷の彗星』の中のスナフキンの言葉を紹介します。 ムーミンたちはスナフキンと散歩に出かけると、赤いガーネットがたくさん落ちているのをみつけました。 このガーネットで帆前船やスケートなど好きな物はなんでも買える。 「好きなだけとっていい」とスナフキンに言われて […]

【かわいいマグカップ】ムーミンバレーパークのお土産

埼玉県飯能市に2019年3月にオープンしたムーミンのテーマパーク、ムーミンバレーパークは私のお気に入りの場所です。 このムーミンバレーパークのお土産にここでしか買えない限定品のマグカップが人気だそうです。 これなんだけれど、アマゾンで3個セット7,790円っていうのを見つけた。 限定品とかプレミアと言う言葉にみんな弱いのかな。 限定品じゃないけれど、バークの中のお土産屋さんで、↑こんなのとか、いろ […]

【豊洲特集~豊洲市場のグルメから観光まですべてがわかる決定版】

(1)はじめに 2018年10月に古巣の築地から江東区豊洲に移転した東京卸売市場(豊洲市場)は、これから2020年の東京オリンピックを迎えるまで、国内に限らず海外からも最も注目を集めるスポットになることは間違いありません。 そこで、今回は豊洲市場や「ららぽーと豊洲」の飲食店食べ歩きから、周辺の観光までをすべて網羅し尽くす【豊洲特集】を組みました。 これから豊洲に出かける予定のある方は必読です。 ( […]

【今日はバーベキューに行こう】豊洲ワイルド・マジック

新型コロナウイルス問題で観光や外食産業が大打撃を受けています。 そんななか、いま、屋外のバーベキューやキャンプ場が活況を呈しているようです。 東京のウォーターフロント、豊洲にもバーベキュー・スポットがあるのをご存じですが? きれいな東京湾の夜景を見ながら、気の合う仲間とバーベキューに行ってきました。 スカイツリーも見えましたよ。 自宅に引きこもってばかりで、鬱々(うつうつ)、悶々(もんもん)として […]

秘密基地を発見!

竹富島のコンドイ浜で よいしょ あれっ う~~ん ふんにゃあ  ぐたら~ うんしょ 西桟橋の夕陽 誰を待ちましょコンドイ浜で 竹富島で会いましょう♪ ランキングクリックをよろしくお願いします。 にほんブログ村 にほんブログ村

【猪カレーはどんな味?】西表島船浮へ行く(第4回)

(1)恋人を待つ乙女は、この木の前でどうしたか? 「猪カレー」を提供するカフェに行く途中で変な木を見つけました。 クバデサと言う名前の木で、奇妙な形をしていて、なんだか妖怪でも出そう。 沖縄に生えている「絞め殺しの木」ガジュマルにいる妖怪キジムナーって、こんな木に住んでいるのではないでしょうか。 さて、そこで問題です。 待てど暮らせど、恋人はなかなか現れない。 この木の前で待ち焦がれた挙句、乙女は […]

【ここ船浮湾の正体は●●だった!】西表島船浮へ行く(第3回)

(1)崩落の危険があるトンネルを恐る恐る進む 前回は、沖縄県西表島にある、陸地なんだけれど船でしかいけない謎の集落、船浮に連絡船で到着し、最凶洞窟の前まで来た、というお話までしました。 何が最凶かというと、上の危険を警告する黄色い看板がすべてを語っています。 それでも、私は危険を顧みず、ずんずんとトンネルの奥へと足を進めていきました。 勇気ある行動に敬礼! (って、単なるバカじゃん) トンネルの長 […]

【最凶洞窟の先には……】西表島船浮へ行く(第2回)

(1)謎の集落、船浮に上陸 沖縄県西表島には陸地なのに船でしか行くことができない船浮という集落がある。 この謎の集落には洞窟があるという話を人づてに聞いて、この洞窟探索と、カフェで猪カレーを食べる、という2つの目的の下、バスに乗って、終点の白浜(日本最西端のバス停)に到着した、というところまでが前回のお話です。 今回はこの白浜から船に乗って、船浮を目指します。 運賃は片道、大人は 500円(子供は […]

1 32